HOME > 活動内容 > JEO 富山次世代エネルギーパーク視察・研修ツアー
活動紹介
一般社団法人 全国環境対策機構は、「環境教育・啓発活動」「環境対策支援活動」「社会貢献活動」を重点活動として取り組みます。

JEO 富山次世代エネルギーパーク視察・研修ツアー

平成27年7月10日~11日

 

会員、関係者  計17名 にて一路 富山へ

 

 

① 富山エコタウン

 

富山市は環境と調和するまちづくり計画に取組まれています。

そのモデル事業として、「エコタウン産業団地」があります。

今回、私達はそこを見学させて頂きました。

既存の工業団地を活用し、リサイクル施設を集約するとともにエネルギー利用

も含め団地内のゼロミッション化を進めておられました。

 

 

先ず、研修棟にて職員の方に 7施設(企業)のご説明をして頂きました。

 

今回、私たちは㈱プリテックと㈱アイザックを見学させて頂きました。

 

下の写真は㈱プリテックです。分別回収されたプラスチックをプラスチック原材料と

燃料油にリサイクルします。「材料リサイクル」と「油化」という異なる2つの技法を

あわせ持つ、全国初のハイブリット型プラスチックリサイクル施設です。

 

② 公益財団法人 とやま環境財団との意見交換会

 

 

専務理事/センター長  堀 武司 様

事務局長  竹林 雅典 様

 

JEO事務局長 日高とのご縁で、今回の交流会を持つことができました。

財団の設立経緯をご説明頂き、具体的に取り組まれている活動をご紹介頂きました。

その中の一つに【富山環境チャレンジ10】と云う、とても興味深いのがあったので

ご紹介させて頂きます。

 

子どもたち向け学習会を開き、「地球温暖化って、どういうこと?」「地球温暖化が進むとどうなるの」

「富山県では温暖化はどうなの」などを学び、では、みんなができる事は何?と云う事から、

夏休みに家族と一緒に課題に取り組みます。見事、実践できた人には【わが家の環境大臣任命証】

が贈られます。

 

家族団らんを心がける ⇒家族が同じ部屋でテレビを見ると1日でへらせる二酸化炭素は652g

ムダなあかりを消す ⇒明るい昼間はあかりを消し、使ってない部屋の明かりを消すことにより

1日でへらせる二酸化炭素は26g

水、お湯はこまめに止める ⇒水をつくる時もたくさんの電気を使います。又お湯を使うと水の

温度を上げるのに電気も使います。1日でへらせる二酸化炭素は80g

冷蔵庫のムダなあけ閉めをしない ⇒冷蔵庫を開けると冷たい空気が外へにげて又冷やす

ために電気を使います。1日でへらせる二酸化炭素は14g

お風呂は間隔をあけずに入る ⇒お風呂をわかし直すとその分、ガスや水などをよけいに

使うことになります。1日でへらせる二酸化炭素は238g

 

などなど、楽しい23の課題の中から10個を選び、家族みんなでチャレンジをします。

目標を決め、家族と共に地球温暖化対策を楽しく実践するものです。

 

JEOでもエネコミ活動の際に児童養護施設の子どもたちに「太陽光発電について」

「LEDってどんなもの?」など学習会を実施しています。

とやま環境財団と同じ環境啓発の一環です。

 

堀様・竹林様

この度はとても有意義な時間をありがとうございました。JEOでも、地道にできる事を

懸命に頑張って参りたいと思います。今後とも、宜しくお願い申し上げます。

 

③ 常西公園小水力発電所

 

常西合口用水に整備されています。この発電所は粉を挽いたり、水をくみ上げたりと

昔からなじみの深い水車を再現した「開放がた下掛け水車」を回転させて発電します。

 

水の力で木製の水車が回り、水車に繋がった発電機から電気が生まれます。

年間発電量は82,600kwh  これは標準世帯の23軒分に相当します。

 

 

 

④ 東町・東新町公民館小水力発電所

 

用水の取水口から地中に埋めた約120メートルの水圧管路を通り発電所まで水を流し込み建屋内に

ある設備で落差と水量を利用して発電を行います。

 

 

「S型チュ―ブラ水車」 は防音設備のされた建屋の中に設置されています。

年間発電量は634,700kwh  これは標準世帯の176軒分に相当します。

 

⑤ とやまペレット (丸新志鷹建設株式会社 工場長 金谷様にご案内頂きました。 )

 

木質ペレットは、環境にやさしいエコエネルギーです。とやまペレットの原料は富山県の森林からの間伐材や端材などで、再生可能な資源である木材の総合的は利用に役立ています。また、木質ペレットを燃やす時に出る二酸化炭素は、原料である木が生長するときに吸収した二酸化炭素だけです。

化石燃料と違って大気中の二酸化炭素を増加させることがなく、地球温暖化防止にも役立っています。

 

 

 

*今回の費用は一人当たり 約、42,000円 うち8,500円(約15%)を JEOより補助とさせて頂きました。

 

無事に開催できました事、心より感謝もうしあげます。又、この様な機会を設け、皆様と共に環境について学んでいけたらと思います。 JEO事務局