HOME > よくある質問 – 環境分野用語集

よくある質問 - 環境分野用語集

カーボン・オフセットの類型にはどのようなものがありますか?

カーボン・オフセットの主な類型としては、市場を通して広く第三者に流通するクレジットを購入する場合(市場流通型)と、市場を通さずに特定者間のみでクレジットのやりとりをする場合(特定者間完結型)があります。(下記は分類の一例を示したものです。実際にはオフセットの取組は多種多様であり、かならずしも下記分類に当てはまらないこともあります。)

カーボンオフセット

市場を通じて第三者に流通するクレジットを活用したカーボン・オフセット(市場流通型)
市場流通型については、概ね以下のような4つのタイプが考えられます。

1.商品使用・サービス利用オフセット
市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等が商品を製造・使用・廃棄したり、サービスを利用したりする際に排出される温室効果ガス排出量の全部又は一部について、当該商品・サービスと併せてクレジットを購入することで埋め合わせるもの(市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等は、オフセットに要する費用を含む商品・サービスを任意で購入)。
(例)家庭やオフィスの電気製品等であってクレジット付きのものの購入やリース
カーボンオフセット

2.会議・イベント開催オフセット
国際会議やコンサート、スポーツ大会等の開催に伴って排出される温室効果ガス排出量を埋め合わせるもの(費用は主催者及び関係者又は参加者が負担)。
(例)会議やイベント等での電気使用や出席者の移動等による温室効果ガス排出量のオフセット

カーボンオフセット

3.自己活動オフセット
市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等が、他の場所で排出削減・吸収を実現するプロジェクトからのクレジットを購入することで、自らの活動に伴って排出される温室効果ガス排出量をオフセットするもの(費用は基本的に市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等が自己負担)。
(例)家庭や企業における電気・ガスの使用等に伴う温室効果ガス排出量のオフセット

カーボンオフセット

4.自己活動オフセット支援
クレジット付き商品・サービスであっても、当該商品・サービス等とは直接関係のない、(当該商品・サービスの購入者である)消費者の日常生活などに伴う排出量をオフセットすることを目的としているもの(市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等は、オフセットに要する費用を含む商品・サービスを任意で購入)。
(例)消費者一人あたり1日1kgの排出量オフセットを謳い、缶入飲料1本につきクレジット1kgが付いている商品など

カーボンオフセット

市場を通さずに特定者間のみで実施されるカーボン・オフセット(特定者間完結型)
オフセットの対象となる活動から生じる排出量を、市場を通してクレジットを購入することではなく、別途に排出削減・吸収活動を行ったり、別途の排出削減・吸収活動から直接クレジットを購入することによりオフセットするもの。